借問
お伺いを立てる,事前に相手の都合を聞く事

與日本老師朋友來往多年,發現他們習慣做什麼事都事先詢問徴求同意,這是對別人禮貌的表現。
日本では先生や友人に何かをする時には「しても宜しいでしょうか?」と先に相手の了解を求めます。これは相手に敬意を評する礼儀です。

反觀我們,也許是這句"只要我喜歡有什麼不可以"或是少跟筋,想做就馬上做,不顧慮別人的觀感。
一方、台湾ではどちらかと言うと自分がしたい様に思いのまま行動する事が多いです。相手の都合や了解をあまりとりません。昔コマーシャルで「好きなように するの!」が流行りましたが、やはりまずは相手の気持ちや都合を先にお尋ねしてから行動を起こすようにしたいものですね。

例如想拍景色時不管閃光燈是否危害古蹟、想拍人物時不管對方願不願意、想觸摸展覽物品時不管是否有禁止標誌、手機沒電不借問主人可否借充電⋯,種種隨興行為都令人臉上三條線。
文化遺産を勝手にシヤッター撮影をしたり、同意なく有名人の写真を撮ったり、触らないでと書いてある展示物を触りまくったり、人の家で黙って勝手に携帯を充電したり•••••

所以下次請你事先詢問一下好嗎?
「⚪️⚪️しても宜しいでしょうか?」と先に相手の了解を求めて下さい。

 

1.jpg  

 

 

創作者介紹
創作者 萱老師 的頭像
萱老師

萱老師的京華日本文化學苑

萱老師 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()